経営支援を必要とする病院が抱える問題とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療業界や介護業界、調剤薬局などは今大きな課題に直面しています。そしてその課題が病院の経営をますます悪化させて苦しいものにしています。その一つの要因が人材不足です。従業員である看護師や技能士、事務員などの慢性的人員不足ばかりでなく雇う側の医師も不足しています。
その問題の根底には高齢化、少子化など社会構造の課題が根深くあって、単なる一組織がいくら経営努力しても決して追いつくことのできない大きな課題です。しかし社会全体が抱える課題だからと言ってそのまま放置しているとせっかくコツコツと一代で築き上げた私有財産が消え去ってしまうこともあります。
苦楽を共にしてきた大切な従業員の生活を守らなければならないだけでなく、その病院を頼りにしている患者たちの健康も守り続ける責務があるのです。経営支援を必要とする病院が多くあり、さらに増え続けています。

医療業界における人材確保の難しさ

一般企業も現在は人手が不足しており、中には外国人頼みの業種も多く存在します。これらの業務はハローワークや求人情報誌の一般募集である程度の人材を確保することができます。
一方病院や薬局などが一般企業と異なるのは、雇われる人たちの多くが国家資格を有しなければならないという点です。看護師や技能士、薬剤師など有資格者のみがその業務を行えるという点が人集めを更に難しくしています。
そして更に彼らを取り巻く業務環境は厳しく、若い資格者たちはより良い職場環境と高待遇を求めて離職に走ります。また結婚や出産などで一度離職してしまうと再度元の職場に復帰するには体力的にきびしいものがあり、すんなりと戻っては来ません。これらの業務の人集めが厳しいばかりでなく、長期雇用も保証できないので若い有能な人材も遠ざかってしまいます。

辞めようにも辞められない環境

経営する側にも高齢化、少子化の影響が及んでいます。後継者、いわゆる跡継ぎがいないことです。個人や中小規模の病院では院長の高齢化が進んでいます。診療や経営に一生懸命になってしまい、後継者の育成をせず、どこからも経営支援を受けることなく、いざ自分が身を引こうとしたら廃業を選ぶしかないというケースもあります。
また過疎の進む地域の病院ほど経営者の高齢化が目立ち、後継者がいたとしても患者数が減少していき経営が成り立たなくなってしまいます。しかし、そのような過疎の地域こそ病院存続が必要とされており、安易に廃業してしまうのはその地域への責任放棄とも取れ、責任感の強い経営者ほどなかなか引けない状況にあります。

全国9拠点(札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)からサポート致します。 調剤薬局M&A累計成約実績150件以上! 医療・介護・福祉業界に特化した専門知識と全国に広がる売り手・買い手ネットワーク。 企業・事業価値算定のご依頼・ご相談無料で承ります。 M&Aだけではなく、CBグループ全体のサービスを利用して貴社の経営課題の解決サポート病院の経験支援は実績多数のCBパートナーズ

ピックアップ記事

病院が軌道に乗るまで経営支援を依頼する

M&A成立によって譲渡側も譲受側も新たな人生のスタートとなります。医療事業に参入する者、事業を拡大する者、医療と介護の両面から患者を支援する者など、様々な人々の新たな挑戦の始まりです。しかし初...

病院と介護施設の経営支援のためのM&A

一般企業に比べて病院や医療法人は、圧倒的にその対象物件の少なさからM&Aの事例は少なくなっています。介護業界もまだ介護保険制度が始まってから新しいため未成熟業界と言えます。医療や介護業界のM&...

病院の経営支援の役割を果たすM&A

病院事業をM&Aで譲渡することで安心して引退したり新事業に挑んだりできます。さらに元から建物や土地を所有していれば譲渡収入や場合によっては賃貸収入も得ることができ、譲渡後安定した収益が得られま...

経営支援を要する病院は継承の準備不足

経営者にとって後継者選びはとても重要で難しいものです。実際には7割を超える経営者が後継者を検討しており、後継者を意識し始める年齢は50代が最も多く、50代未満の経営者も3人に1人は意識しています。しか...