病院が軌道に乗るまで経営支援を依頼する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

M&A成立によって譲渡側も譲受側も新たな人生のスタートとなります。医療事業に参入する者、事業を拡大する者、医療と介護の両面から患者を支援する者など、様々な人々の新たな挑戦の始まりです。
しかし初めての業務では軌道に乗せるのが大変で時間がかかります。時間がかかるだけなら良いのですが間違った方向に進んでしまうと軌道修正が難しく、一歩間違えば赤字への道に進む危険性さえはらんでいます。
M&A成立まで交渉してもらった業者にコンサルティングを依頼して病院経営支援をしてもらうこともできます。全国ネットワークを持って譲渡仲介の豊富な業者もあり、病院経営のノウハウも持っています。成約後も継続して支援をあおぎ、アドバイザー的役割を果たしてもらいながら新規事業の経営が安定するまで相談に乗ってもらう手段が最良です。

開業支援のコンサルティング

M&Aによって新たに病院開業するケースもあります。若手から中堅の勤務医が個人経営の病院院長を目指し、後継者不足で廃業を考えていた病院をM&Aで譲受し新たにその病院のトップとしてスタートしようとします。しかし今まで上からの指令で働き優秀な業績を上げていても、自分が新たに雇った従業員を使って、しかも新しい患者に向き合うのは大変な重荷です。
元々、M&A業者が開業支援に立ち会っており、事業計画や資金調達、経営理念や診療方針の作成などの開業にまつわる支援を受けており、現状で何が不足して何をやらなければならないのかなどは既に分析され良く知っている仲です。したがって彼らにコンサルティング業務を依頼して事業が順調になるまで経営支援をあおぎましょう。

開業に伴う業務を依頼しましょう

病院で診療経験しかなかった人にとってトップとして経営に携わるのは非常に困難なものです。譲受するまでにも大変多くの事務処理が必要で、それらをM&A業者に依頼することで比較的スムースな引継ぎができていました。
しかし開業スタートを目前にすると、さらなる難しい業務が次から次へと現れて来ます。まずは自分だけでは対応できないことを書き出し、コンサルティング業務を依頼している業者に相談しましょう。税理士や公認会計士の紹介、職員の求人と採用及び研修、医療機器の選定やアドバイスなど、病院経営にとって必須な事項を依頼します。M&A業者は全国に張り巡らされた情報を集めて最適な手段で対応できます。
新規開業だけでなく親や上司からの継承開業の場合でもいきなりトップに立った人には重荷です。継承させた本人も継承後に細かい内容にまで立ち入って指導することはできません。やはり継承開業にはそれなりの引継ぎに関するノウハウがあります。これも数多くの経験を誇るM&A業者にコンサルティングを依頼すれば過去の色々なパターンの経験から最善策を導き出してくれるでしょう。

ピックアップ記事

病院が軌道に乗るまで経営支援を依頼する

M&A成立によって譲渡側も譲受側も新たな人生のスタートとなります。医療事業に参入する者、事業を拡大する者、医療と介護の両面から患者を支援する者など、様々な人々の新たな挑戦の始まりです。しかし初...

病院と介護施設の経営支援のためのM&A

一般企業に比べて病院や医療法人は、圧倒的にその対象物件の少なさからM&Aの事例は少なくなっています。介護業界もまだ介護保険制度が始まってから新しいため未成熟業界と言えます。医療や介護業界のM&...

病院の経営支援の役割を果たすM&A

病院事業をM&Aで譲渡することで安心して引退したり新事業に挑んだりできます。さらに元から建物や土地を所有していれば譲渡収入や場合によっては賃貸収入も得ることができ、譲渡後安定した収益が得られま...

経営支援を要する病院は継承の準備不足

経営者にとって後継者選びはとても重要で難しいものです。実際には7割を超える経営者が後継者を検討しており、後継者を意識し始める年齢は50代が最も多く、50代未満の経営者も3人に1人は意識しています。しか...